読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HAPPYになるためにシングルマザーとして生きる

モラハラDV夫と離婚し、1児の娘を持つシングルマザーです。HAPPYになるために肩肘張らずゆるーく頑張る奮闘記。

子連れ海外旅行。機内に何を持っていく??

こんにちは。

以前、子連れ海外旅行のスーツケースの荷物について書きました。

 

今回は内容が前後してしまいますが、

子連れ海外旅行での機内に持ち込んだ荷物について書いていきたいと思います。

 

 機内に持ち込める荷物はいくつまで??

 

まず、機内に持ち込むことのできる荷物の大きさ・サイズ・重さはしっかり規定があります。

 

私が利用したJAL国際線では、

身の回り品用のバッグ(お出かけの際使用しているようなハンドバッグなどを指します)、

その他に、三辺の和が115㎝以内(W55㎝×H40㎝×D25㎝)

合計が10㎏を越えないものであれば機内に持ち込むことが出来ます。

 

私は、いつも使っているマザーズバッグが規定内のサイズのものだったので、

それを持って行きました。

 

やはりいつも使っているバッグが使いやすく、

持ちやすかったし、

娘の荷物も一番容量が入るものだったので。。

 

注意!持ち込み制限のある物

 

国際線を利用する際、

機内に持ち込む手荷物に注意が必要なのが液体物です。

液体物を機内に持ち込む際にはかなり厳しい規定があります。

 

まず、持ち込める容量は100ml(g)までです。

さらに透明のプラスチック製の袋に入れて持って行かなければいけません。

なので、化粧品や歯磨き粉なども液体物の持ち込み制限の対象となるので、

持ち込む際には気を付けてください。

 

しかし、液体物にも例外があります。

それがベビー用品です。

ベビー用のマグに入った飲み物やペットボトルは申請すれば手荷物として機内に持ち込みことが出来ます。

 

私は娘用のマグに麦茶を入れ、

その他に麦茶のペットボトルを持って行きました。

もちろん手荷物検査で申請し、

きちんと別の検査を受けました。

 

これ往復の手荷物検査でやりました。

しかも、

なぜか帰りのロサンゼルス空港内の手荷物検査では、

娘のベビー用ミネラルウォーターが引っかかってしまい、

機内には持ち込めないと言うことで、その場で破棄されてしまいました。

なぜだったのか今でも分かりません…。

そんなトラブルもありましたが、

楽しかったです🎵

 

実際に機内に何を持っていく??

 

では実際に子連れ海外旅行で機内に持っていった荷物についてまとめていきます。

 

★貴重品(財布・パスポート・母子手帳など)

★ハンドタオル・ティッシュ

★飴・ガム

★化粧品類

★サングラス

Wi-Fi(空港でレンタルしたもの)

★歯みがきセット

★パーカー

☆オムツ・おしりふき(5枚)

☆哺乳瓶

☆ミルク(スティックタイプ2本)

☆マグ

☆おやつ(いつもより少し多めに)

☆おもちゃ(音のならないもの)

☆レジャーシート

☆着替え

☆お食事エプロン(使い捨てタイプ)

 

★←私の荷物

☆←娘の荷物です。

 

まずは自分自身で絶対忘れてはいけない貴重品類。

実際に荷物を持って行って思ったのは、

この貴重品だけあれば結構何とかなったかなと言う感じです(笑)

 

10時間のフライトだったため、

寝ることを考え、化粧は最低限しかして行かず、

着いてから化粧をしようと思い手荷物に化粧品類を持ちましたが、

サングラスがあれば着いてからも何とかなります。

 

しかも子連れの場合、

トイレでゆっくりお化粧🎵なんてやってられませんしね(笑)

 

逆に便利だったり、あって良かったと思ったものは、

飴・ガムと歯みがきセットです。

 

機内はかなり乾燥しているので、

のど飴は持って行くことをおすすめします。

また、

歯みがきセットは、

機内食を食べた後や、

目覚めたとき口の中の気持ち悪さをスッキリ出来ます🎵

長時間フライトを計画中の方は絶対持っていった方が良いと思います!!

 

また、機内ではブランケットを一人1枚配られますが、

それ1枚では寒いです。

なのでパーカーなど羽織るものを持って行くと助かると思います。

 

子供用品についてはどれも削れない物なので、

自分の安心感の為に持っていって良かったと思いました。

 

意外と助かったのがレジャーシートです。

これ座席の足元に広げておけば、

抱っこを嫌がったり、

動きたくて愚図ったときに、

ちょっとだけ遊ぶスペースができるので、

とっても助かりました。

それにベタっと機内の床に座らせるのも抵抗があったので…。

 

おやつやミルクに関してはフライト時間に合わせて持って行きました。

 

 娘は機内食を食べてすぐに寝てくれて、

到着までぐっすり寝てくれたので、おやつはほとんど食べませんでしたが、

やはりあって困るものではないので、

持っていって良かったです。

 

ミルクは、

スタッフさんに言えばお湯をくれるので、

ミルクと哺乳瓶だけ持っていきました。

ただ、このお湯が結構熱いので、

ミルクをあげる時間より早めに作っておくことをおすすめします。

 

ミネラルウォーターはもらえるので、

抵抗がなければ、

それを湯冷ましにしても良いかもしれません。

 

 子連れ海外旅行、長時間フライトとなると、

不安がいっぱいで何かと荷物も増えますが、

のんきな私は結構何とかなるかなと言うのが感想でした。

 

楽しい子供との海外旅行、

しっかり準備で思いっきり楽しみたいですね♪

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村